!ブログランキング参加中!
↓↓クリックで応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村
グッズ・アイテム

フットレスト付きリクライニングチェアの選び方と最新おすすめ商品

イスとフットレスト
  • フットレスト付きリクライニングチェアを探している
  • 何を基準に選べばいいのかわからない
  • オススメの商品を知りたい
よる
よる
こんな悩みにお答えします。

 

フットレスト付きリクライニングチェアとはこの画像のようなものを言います。
フットレスト付きリクライニングチェア

  • 好きな角度にリクライニングできる
  • フットレストを出し入れできる
  • キャスター付き

というのが特徴です。

今回はわたしが実際に使用してみてわかった、リクライニングチェアを選ぶ時のポイントオススメ商品をご紹介します。

 

そもそもフットレスト付きリクライニングチェアって何?という方は、こちらの記事で概要や魅力を紹介しているので参考にしてください。

https://yoru-no-hanashi.com/zaitakukinmu-chair

 

この記事ではフットレスト付きリクライニングチェアの

  • 選び方
  • 2020年最新おすすめランキング

を説明します。

 

選び方

イライラしている女性

 

欲しいけどたくさん種類があってどれを買えばいいかわからない!

そんな方のために、フットレスト付きリクライニングチェアの選び方を紹介します。

チェックすべきポイントは全部で4つです。

チェックポイント
  • リクライニングの角度
  • 本体重量
  • キャスター素材
  • 人間工学的な設計かどうか
よる
よる
順番に説明します。

 

ポイント①:リクライニングの角度

リクライニングの最大角度は商品によって130°~170°と様々です。

自分がどの用途でリクライニングチェアを購入しようとしているのか考え、目的に合わせて選びましょう。

参考までにおおよその目安を紹介します。

  • 楽な姿勢で寝たい → 170°
  • 座ったまま仮眠したい → 150°
  • リラックスして作業したい → 130°

どの用途でも対応できるように170°を購入しておけばいい、とお考えの方もいるかと思います。

もちろんそれでOKです。

しかし、170°までリクライニングできる商品はあまり多くありません

最初から170°に絞らず幅広く商品を探すことが、良いリクライニングチェアに出逢うコツです。

 

ポイント②:本体重量

どのリクライニングチェアも、外寸サイズにほとんど違いはありません。

ですが、本体重量は商品によって様々です

重量が大きいと組み立てるのも一苦労ですし、移動させるときも手間です。

力に自身のない方が一人で組み立てるのならば、本体重量の軽いものを選ぶことをおすすめします。

素材が皮よりもメッシュの方が軽い傾向にありますので参考にしてください。

 

ポイント③:キャスター素材

キャスターにも種類があります。

オフィスチェアのキャスター素材はナイロンウレタンが一般的です。

どちらの素材にするかは、床との相性で決めます

(参考)キャスターの材質と床

ナイロン

  • 滑りが良いが、フローリングを傷つけやすい。
  • カーペット向け。

 

ウレタン

  • フローリングを傷つけにくい。
  • カーペット上では滑りが悪い。

つまり、カーペットならナイロン、フローリングならウレタンを選んだ方が良いということです。

素材の違い以外に、静音タイプのキャスターもあります。

リクライニングチェアを選ぶ際は、キャスターの素材も一度チェックしてみてください。

 

ポイント④:人間工学的な設計

人間工学を応用したリクライニングチェアがあります。

「人間工学」とは何でしょう。

人間工学(にんげんこうがく)は、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問である。

(Wikipediaより引用)

 

よる
よる
つまり、人間にやさしい設計ということです。

 

人間工学を取り入れたオフィスチェアには、長時間座っていても疲れにくい、という最大の特徴があります。

少々お値段は上がりますが、座ったまま長時間作業をする方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

最新おすすめ商品ランキングベスト3

順位台

 

これまで書いてきた選び方のポイントを踏まえて、フットレスト付きリクライニングチェアの最新おすすめ商品ベスト3を紹介します。

今回はAmazonオススメ商品の中から

  • リクライニングの角度
  • 本体重量
  • キャスター素材
  • 人間工学設計の有無
  • 価格

の5つの観点を総合的に評価しました。

フットレストがないものやリクライニングできないオフィスチェアは除いています。

 

 

よる
よる
それでは、ランキングの発表です。

 

おすすめ No.1【総合力最強】
RayGoo オフィスチェア
170°リクライニングが可能です。人間工学に基づき長時間座っていても疲れにくい設計がされています。本体がオールメッシュのため軽く、組み立てやすいこともポイントです。価格は比較的高めですが、総合的にバランスのよい商品です。予算に余裕がある方は検討してみてはいかがでしょうか。
リクライニング170°
本体重量16kg
キャスター素材ウレタン樹脂(傷づきにくい静音タイプ)
人間工学設計あり。
価格\21,550

 

 

おすすめ No.2【背中にフィット】
DEVAISE オフィスチェア
背もたれがゆるやかなS字曲線のため背中にフィットします。最大160°までリクライニングが可能であるため、仮眠や休憩には十分です。キャスター素材は、ナイロンの中でも比較的傷が付きにくいPUナイロンを使用しています。価格も比較的リーズナブルなので、初めてリクライニングチェアを購入する方にもオススメです。
リクライニング160°
本体重量16kg
キャスター素材PUナイロン(傷つきにくい静音タイプ)
人間工学設計あり。
価格\17,880

 

おすすめ No.3【とにかく安く】
MyHood オフィスチェア
とにかく安く購入したいという方にオススメの商品です。安価ですが、リクライニング角度150°、人間工学設計あり、という基本的な機能は備わっていますヘッドレストの調節も可能です。キャスターがナイロン製のため、フローリングに傷を付けたくない場合は、ラグやカーペットの上で使用することを推奨します。
リクライニング150°
本体重量19kg
キャスター素材ナイロン
人間工学設計あり。
価格\12,980

 

 

まとめ

今回は、フットレスト付きリクライニングチェアの魅力や選び方、オススメ商品を紹介しました。

まとめ
  • フットレスト付きリクライニングチェアで作業中の休憩時間が快適に!
  • 購入するときは、リクライニング角度、重量、キャスター素材、人間工学の有無をチェック!
  • おすすめはRayGooのオフィスチェア。

たかがイス、されどイスです。

よる
よる
作業用チェアをお気に入りのものに変えるだけで作業がはかどりますよ!

 

https://yoru-no-hanashi.com/zaitakukinmu-chair

!ブログランキング参加中!
↓↓クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村