!ブログランキング参加中!
↓↓クリックで応援お願いします!
PVアクセスランキング にほんブログ村
在宅勤務

在宅勤務を解説!何を準備すればいいの?メリットとデメリットは?

デスクワーク

新型コロナウイルスの影響で職場から在宅勤務を指示された方は多いと思います。

  • 在宅勤務には何が必要?
  • メリットとデメリットは?
  • そもそも在宅勤務って何?

そんな疑問を持つ方も多いでしょう。

そこで今回は、在宅勤務の基本事項を解説します。

具体的には、

  • 在宅勤務とは
  • 必要なもの
  • メリットとデメリット
  • 業務効率

についてわたし自身の体験を踏まえながら書いていきます。

 

在宅勤務とは

赤い家

テレワークとの違い

「テレワーク」というのは、オフィス以外の場所で仕事をするという意味です。

最近は、チャットやビデオ通話が無料でできるツールが増えてきました。

そのため、インターネットさえあれば簡単にコミュニケーションをとることができます

コミュニケーションツールの発展によってテレワークを導入する会社が急速に増えました。

オフィス以外の場所ならば、カフェや図書館などで仕事をすることも「テレワーク」に含まれます。

一方で、「在宅勤務」とは読んで字のごとく自宅で勤務するということです。

広い意味では、正社員だろうが派遣社員だろうがアルバイトだろうが自営業だろうが、自宅で働いていれば在宅勤務です。

しかし最近では、会社員が自宅でテレワークすることを指すことが多いと思います。

その理由としては、

  • セキュリティ上の問題でテレワークを在宅に制限している企業がある
  • 新型コロナウイルスの影響で企業の在宅勤務が急増した

ということが挙げられます。

 

在宅勤務とテレワークについてまとめるとこうなります。

ポイント
  • テレワーク → オフィス以外で仕事をすること
  • 在宅勤務  → 自宅で仕事をすること

つまり、在宅勤務はテレワークの一部であるということです。

 

 

最初は働き方改革から始まった

元々、在宅勤務は働き方改革の一環として取り入れられるようになりました。

在宅勤務であれば通勤する必要がないため、その分自分の時間が増えます

しかし最近は、新型コロナウイルスの影響で働き方改革とは関係なく在宅勤務をする必要に迫られています。

予期せず在宅勤務の大ブームとなったわけです。

新型コロナウイルスの影響とはいえ、これを機に働き方改革が加速し、今後はもっと在宅勤務制度を取り入れる企業が増えるのではないでしょうか。

 

在宅勤務に必要なもの

パソコンで作業をする人

インターネット

ほとんどの場合、在宅勤務にはインターネットを使用します。

メールやチャットで他の社員とコミュニケーションを取ります。

社内サーバーやクラウドに接続してファイルを共有することもあるでしょう。

テレビ電話で会議に参加することもできます。

インターネット環境がないと仕事にならないといっても過言ではありません。

 

パソコン(スマホやタブレットでも可)

インターネットだけがあっても意味がありません。

作業をしたり上司や同僚とコミュニケーションをとったりする端末が必要です。

パソコンでなくても、

  • 仕事ができる
  • コミュニケーションがとれる

という条件がそろっていれば、スマホやタブレットでもいいですし、インターネットに繋いだテレビでもOKです。

 

作業スペース

忘れがちなのが作業スペースの確保です。

みなさんの自宅は、仕事をするスペースがあるでしょうか。

  • 部屋にデスクはあるけど、物が散乱している。
  • そもそも自分の部屋がない。

なんてことですと、スムーズに在宅勤務を開始することができません。

散らかっているなら片づけを、部屋がないなら家族に相談して対策を考えるなど、あらかじめ準備しておくと良いでしょう。

 

在宅勤務のメリット

パソコンのある作業スペース

メリット① 自分の時間が増える

自分の時間が増えることが在宅勤務の最大のメリットです。

正確に言うと仕事とプライベートをフレキシブルに切り替えることができます。

その理由は、在宅勤務にこのような特徴があるからです。

在宅勤務の特徴
  • 通勤がない
  • スキマ時間を自由に使える

通勤がないのは言わずもがなですね。

起きてパソコン起動するだけで仕事ができます。

空いた時間にギリギリまで寝るもよし、ジムで汗を流すもよし、資格勉強で自己研鑽するもよしです。

通勤ラッシュのストレスもありません。

また、スキマ時間が自由に使えるのも在宅勤務のポイントの1つです。

在宅勤務でも一定時間以上働けば休憩時間を取らなくてはいけません法律で決まっています。

休憩時間に、洗濯や掃除、買い物といった家事をすることができます。

平日昼間に会社へ行っていると、洗濯や掃除はどうしても週末にまとめて済ますことが多くなりますよね?

それが少しでも平日昼間にできたらどうでしょう?

週末の過ごし方も変わってきませんか?

 

メリット② リラックスできる

オフィスよりもリラックスした環境で仕事ができます。

上司や周囲の目を気にする必要がありません。

極端に言えば、すっぴん、パジャマで仕事ができちゃいます。

音楽をかけながら仕事することも可能です。

集中が切れそうになったときに音楽をかけると良い気分転換になります。

 

メリット③ 急な仕事を振られにくい

オフィスにいると簡単に話しかけることができます。

急に上司から「これもやっといて~」なんてさらっと言われることもあります。

ですが、在宅勤務をしている間は急に仕事を振られることが少ないです。

在宅勤務をしている相手とコミュニケーションを取るには電話メールチャットがメインになると思います。

そうなると、「ついでになにか頼む」ということが面倒になります。

もともと「ついで」なのだから、わざわざ電話やメールで頼むほどのことではないのです。

また、部下や後輩から質問が来て鬱陶しいと思っている方。

質問を受けることも減ります

急な仕事や質問を受けない分、自分の本来の仕事に集中することができます

 

在宅勤務のデメリット

ベッドの上でリラックスする女性

デメリット① オン・オフがはっきりしない

リラックスできるがゆえに、仕事をしているのにスイッチが入らない

いつまでも休日モード。

そんな感じでダラダラと仕事をしてしまうことが起こりえます。

何かスイッチを入れる工夫が必要です。

例えば、普段オフィスに行くときに必ずしていることを、在宅勤務の日にもしてみるのはどうでしょう。

コーヒーを買う、音楽を聴く、化粧をする、といったルーティンを普段通りにするのです。

散歩に行ったりストレッチをしたりと軽く体を動かすのも良いかもしれません。

 

デメリット② 人との会話が減る

仕事中の些細な会話が実は重要だなんてこともありますよね?

とりとめのない雑談からも素晴らしいアイデアが生まれることがあると思うのです。

1人で考え込むよりも、みんなであーだこーだと相談しながら仕事を進める場合もあります。

先ほどから言っていますが、在宅勤務中のコミュニケーションツールは電話かメールかチャットがメインだと思います。

ようするに、些細なことを伝えるために電話するのは面倒なのです。

相手の仕事を邪魔してしまうかもしれないと、億劫にもなります。

相談したい相手が隣で仕事をしていたらさらっと聞きたいけど、電話やメールをするほどでもないなぁ、なんて躊躇ってしまうのです。

そうなると、会話が格段に減ってしまいます。

会話がなくてストレスがたまる人もいるようです。

 

デメリット③ 作業しづらい

一般的な会社員が、自分の家に仕事部屋を持っていることは少ないのではないでしょうか。

自分の部屋にあるのは小さなデスクとPCとテレビ。

正直、作業スペースがとても狭くて仕事しづらい

という方も多いと思います。

わたしの場合は、普段オフィスではノートPCにモニターを繋いでデュアルディスプレイにして作業をしています。

しかし、自宅にモニターはないため、ノートPCの小さい画面のみで作業をしなければなりません

またインターネットもポケットWi-fiを使用しているためイマイチ。

ネット通話が何度も切断する。

とてもイライラしました。

普段から在宅勤務をしており、自宅で作業をする環境が整っていれば良かったのかもしれません。

今後も定期的に在宅勤務をするようならば、モニターを購入することをオススメします。

 

業務効率は上がる?

イライラしている女性

業務効率が上がるかどうかは、その人しだい環境しだいってところでしょうか。

メリット③で書きましたが、自分の仕事に集中できるので、もくもくと作業をしたい方にとって在宅勤務は良いと思います。

しかし、デメリット②で書いたように周囲の人との会話が減るので、みんなでワイワイとアイデアを出し合ったり常に誰かと一緒に仕事をしたりするような人は作業しにくいでしょう。

また自宅の環境も大事で、在宅勤務で業務効率を上げたいならば、それなりの作業環境を作り上げる必要があります。

 

 

まとめ

在宅勤務についてまとめます。

まとめ
  • 在宅勤務はテレワークの一部。
  • インターネットや作業スペースを準備する。
  • 自分の時間が増える、リラックスできるというメリットあり。
  • 人との会話が減る、作業しづらいというデメリットも。
  • 効率は自分次第。

新型コロナウイルスの影響で、しばらくは在宅勤務続くという方も多いのではないでしょうか。

工夫して快適な在宅勤務にしましょう!

 

在宅勤務にオススメのイス↓↓

!ブログランキング参加中!
↓↓クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村